関西・中国・東海・北陸・無料・格安キャンプ場 訪問レポート一覧
実際行ったキャンプ場を独断と偏見でご紹介いたします。

初心者キャンパーの成長が見れる・・・・カモ。

2016年8月9日火曜日

鳥取県・大山池野営場【野営場でシンプルキャンプ・24泊目】




岡山・鳥取のキャンプ旅行で、鳥取県の大山池野営場へ行ってきました。

旅行の行程はこちら


ナビに「大山池野営場」とは入っていましたが、現地には「キャンプ場」とも、「野営場」とも書かれていません。

本当にココでいいの・・・・・?と思いましたが、お風呂・ランチから帰ると、バイカーの方が沢山テントを張ってました。


広場と東屋があって、炊事場は無く、蛇口が一個だけあります。

道の向かい側にあるトイレは立派で、清掃状態も清潔。


凝った料理はしないので、炊事場は無くても良いけど、
頻尿なので、(お酒飲むと特にね・・・)トイレがキレイなのは嬉しいです。

自販機もあるので、ハードリカーかリキュールがあれば、カクテルが作れますw



「野営場」と名の付く所は初めてです。

一番乗りだったので、大きいテントを張ろうかと思ったけど、撤収の楽さを考えて、

小さいテントにしました。

小さいテントは、それ自体の設営撤去が楽なだけでなく、グランドシートなどのサイズが小さくなるので、畳むのも楽です。


ブルーシートよりシックなグリーンシートを愛用中。


コールマンのインフレーターマットは、それ自体の収納は大変ですが、
テントのインナーマット無しでも快適に寝られるので、作業が一つ減ります。





タープを持ってないので、シェードを張りましたが・・・

タープが欲しいです・・・・・。

バンドックのタープはキャンプ場で良くみかけますね。


コットでお昼寝している方もいて、羨ましかったです。
 コットとマット、迷ってインフレーターマットを買いましたが、
外でも使えるコットも良いな~




少し雨が降ったのでタープを持っていない私たちは東屋に避難しました。

東屋からは、大山は見えず、隣のB&G海洋センターの前からだと大山が見えます。



朝の大山。あいにく、雲がかかっています。


お風呂は関金温泉の関の湯に行きました。


関の湯

鳥取県倉吉市関金町関金宿1227-1

料金は200円。

駐車場は3台くらいです。

営業時間は

4月~9月 6:30~21:00
10月~3月 7:00~21:00

朝早いのが、ありがたいです。

関金温泉の泉質はラジウム泉。(純放射能泉)
さらっとした透明に近いお湯でした。
ガンが予防出来たら良いな・・・・・・。


大きいお風呂に入って、休憩所でゆっくりするなら、

せきがね湯命館 もあります。

鳥取県倉吉市関金町関金宿1139

料金は800円です。


もよりのスーパーはAコープせきがね店
鳥取県倉吉市関金町大字関金宿263‐1A

その近くにローソンもあります。

倉吉市まで足を伸ばせば、沢山スーパーもありました。

わが家のお気に入りの24時間営業のディスカウントスーパーラムーもありました。


買い物・温泉が割と近く、便利で、予約の要らない大山池のキャンプ場、

最初着いた時はここキャンプしていいの?

と思ったのですが、滞在しているうちに、だんだんお気に入りになりました。

ちなみに、標高は200m程で、昼間は暑いですが、夜は涼しかったですよ。









無料のキャンプ場も、高規格キャンプ場も、
実際行った人のブログを見ると、様子が良くわかりますね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ



日本ブログ村に参加しています。
こちらのテントをぽちっとしていただけると
順位が上がり、更新の励みになります。
よろしくお願いします・・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村














0 件のコメント:

コメントを投稿